RDC KENYA

×

SEVスポーツ

SCROLL DOWN

◆RDC KENYA
代表 : 八木勇樹

RDC KENYAは多くの才能が埋没するケニアにおいて、アスリートとして成長するための環境を提供する。ケニアの才能がより世界で輝き、マラソン大国の新しい歴史を創ります。

マラソン大国ケニア。マラソンの世界歴代100傑の過半数を占める選手を排出している。
その中でも最も選手の集まっている場所が「イテン」である。

近年、世界のマラソンレースを席巻しているケニア人。そんな世界一の環境がどういったものなのか。

代表の八木氏は自身のトレーニングを行うべくケニアの地に行くことに。

すると、マラソン大国ケニアのイメージとはかけ離れた現状があった。

貧困の問題から競技継続が困難な選手や、レース出場の旅費が払えずにひたすらエージェントとの契約のチャンスを掴むためにトレーニングのみに励む選手。

同じアスリートでありながら、生まれてきた境遇や環境の違いで競技人生が決まる現状を変えるべく、トレーニングキャンプを設立した。それがRDC KENYAである。

衣食住とトレーニングサポートを行い、競技に専念できる環境を整備し、選手育成を行う。

元々競技実績のある選手ばかりを集めるのではなく、競技力向上の可能性があったり、将来に向けたマインドがしっかりしている選手。

自分のみならず周りをサポートしたいと考えている選手。

そういった選手をサポートし世界一のランニングチームを作ることで、選手のみならず、周りのケニア人も豊かになるプロジェクトを目指しています。

多くのトップアスリートが愛用しているSEVストレッチマットを就寝用ベッド、ストレッチスペースに採用。

過酷な環境でハードなトレーニングを送るアスリートのコンディション、パフォーマンスの維持向上を目的としております。

SEVの生活環境用デバイスも採用することで、空気、水という重要なポイントにもSEVチャージ。多角的にアスリートを支えます。

RDC KENYA SEV ROOMの目指すところ

RDC KENYAの選手育成と、物質本来の性能を引き出す力を持つSEVがコラボしたRDC KENYA SEV ROOM。
日頃のコンディション維持やハードトレーニングからのリカバリー、次のハードトレーニングへの準備など、アスリートをサポートするための専用ルームです。