< 選手一覧に戻る

ランナー

藤原 新

Fujiwara Arata

 1981年9月12日生まれ 長崎県諫早市出身

 

 ロンドンオリンピック マラソン男子日本代表

 

 長崎県でも有数の強豪校である諫早高校から本格的に陸上を始め、3年時には主将を務める。拓殖大学に進路が決まった高校3年時には、恩師である松元監督に将来的にはマラソンランナーを目指すことを宣言する。

 

 拓殖大では箱根駅伝に第77回(1区10位)と第79回(4区4位)の2回出場している。

 

 拓殖大学卒業後はJR東日本に入社。2008年東京マラソンで2位となるも、北京五輪は残念ながら補欠として選出。2010年3月に同社を退社してプロランナーとなる。

 

 無収入・無所属の状態で出場した2012年の東京マラソンで2時間7分48秒の自己ベストで快走し、ロンドン五輪代表に決定。時に異端児とも評される独自のトレーニング理論、強烈な個性で、川内優輝選手と並ぶ男子マラソンの顔。

 

 ロンドンオリンピックの惨敗後、長らく故障に苦しむものの、2013年9月にイギリスで行われたグレートノースランに出場。9か月ぶりの公式レースながら、1時間2分44秒でライバルの川内優輝選手を振り切り日本男子トップの4位となる。

 

 また、同年9月29日の函館ハーフマラソン男子の部にも出場、川内優輝らと競り合う中、残り1.5Km地点で後続を振り切ると、1時間4分19秒で見事同大会初優勝を果たす。

fujiwara arata

fujiwara arata

fujiwara arata

fujiwara arata

fujiwara arata
SEVメタルレールSi type-fit 
SEV パッチ

fujiwara arata
SEVメタルレールSi type-fit 
SEV パッチ

fujiwara arata
SEVメタルレールSi type-fit 
SEV パッチ

fujiwara arata
fujiwara arata
fujiwara arata
fujiwara arata
SEVメタルレールSi type-fit 
SEV パッチ

fujiwara arata
SEVメタルレールSi type-fit 
SEV パッチ